-徹底活用-しじみ・オルニチンのQ&A

しじみ・オルニチンが健康に役立つ…ということは分かるけど、具体的にはどんなパワーがあるの?
なんでサプリメントは良くて、しじみを食べて摂るのはダメなの?
シジミは他の貝類とは違うの?

などなど、オルニチンのサプリメントを摂るにあたって疑問を感じている方は少なくないと思います。
このページでは、そんな疑問を解消する豆知識をまとめています。

シジミを食べて摂るのはダメ?

もちろん、オルニチンはシジミを食材として食べることでも摂ることができます。
それでも、基本的にはサプリメントを活用した摂取がおすすめです。

理由はいくつかありますが、最も大きなポイントが「継続して摂取する必要がある」という点でしょう。
シジミを食べるのには、意外に手間がかかります。
砂抜きの必要がある点などを考えると、毎日継続するのは少々面倒なように感じる方も多いでしょう。

さらに、鉄分の過剰摂取など栄養価の偏りも気になるところ。
また、毎日となると、しじみを使用した料理を考えるのも大変です。

高品質なサプリメントを活用すれば、そういったデメリットの心配がありません。
オルニチンの量もしじみを食べるよりたっぷり摂ることができますし、栄養価のバランスを気にする必要もありません。

水でサッと飲めるので、手間もかからず良いことばかり!
これと言ったデメリットはありません。
その為、サプリメントの活用がおすすめ&人気なのです!

※実は、コストパフォーマンスに関しても、サプリメントの方が優秀であるケースが多いです。
特にキャンペーンを実施している製品なら、コストパフォーマンスがぐっと高まっているのでおすすめ。
例えば、やわたしじみの力やニッセンのすっぽんしじみ粒大幅割引が適用されるキャンペーンを実施しています。

シジミは他の貝類とは違うの?

貝類は、総じて栄養価が高い傾向がありますが、その中でもシジミの栄養バランスは特別です。

アサリやホタテなど、普段から食べることができる身近な貝類はたくさんありますが、オルニチンを豊富に含んでいるのはシジミだけ!
その為、しじみは健康サプリメントの素材として注目されているのです。

※ちなみに、シジミと他の貝類には、栄養バランスに関する共通点も存在します。
鉄分、亜鉛、ビタミンB群などが豊富であるという点です。

具体的にはどんなパワーがあるの?

シジミから摂ることのできるオルニチンには、尿素回路(オルニチンサイクル)という働きが期待されています。

この働きによって、アルコールによる肝臓への疲労蓄積をケアできるのが最大の魅力です。

また、生活習慣のケアに役立ってくれるという働きにも注目が集まっています。
さらに、ストレスを軽減してくれたり、うつ病ケアに役立ったりと意外な働きも!

成長ホルモン分泌を促進して新陳代謝を高めるというパワーもあることから、美容やエイジングケアにも役立ちます。
ダイエットに取り組みたいケースでも、しっかりとサポートしてくれます。

オルニチン以外の含有成分は?

しじみには、オルニチン以外にも嬉しい栄養素が含有されています。
例えば、ミネラル類は注目したいポイントです。
造血のミネラルである鉄分や、骨を構成したりイライラを抑えるカルシウムも含有されているのが特徴です。

アミノ酸に関しては、オルニチンだけではなく、タウリンも含まれています。
ビタミン類では、ビタミンB群が豊富です。

これだけ栄養価が豊富であれば、古くから滋養食として活用されているのも納得です!

トップに戻る